耐震対策を積極的に行っています

耐震対策を積極的に行っています

新耐震設計基準を満たしているからといっても完全に安心出来る住宅とは更々限りません。まだまだ私達の記憶の中には、2011年3月11日に発生した東日本大震災が鮮明に残っています。

木造住宅の場合はもちろんのことですが、マンションやビル、そして多くの人が訪れることになる大型施設に関しましても耐震対策を積極的に行っています。また住宅だけではなく、地盤や塀などといった場所についても劣化してきます。

日本におきましては新耐震設計基準が定められており、この基準を満たされていない場合、新たな建造物を建設することが出来ないことになっています。この震災は日本国内だけに限ったことではなく、世界中の人々があの惨劇をリアルタイムで目先にし、衝撃を受け今でも心の中に刻まれています。

ですので、今一度耐震診断を受けてみてください。もちろん最初から専門業者に依頼をして本格的な耐震診断をしてもらっても構いません。

また耐震診断を実施する前に、自分自身でどのくらいの耐震性を確保しているのかを簡易的に調べることも出来ます。現在国土交通省のホームページにおいて「我が家の耐震診断ポイント」というページがありますので、このページを参考にして一度自分自身で耐震性のチェックをしてみてください。

耐震診断をするときには、住宅だけではなく、このような地盤や塀などといった箇所も総合的に診断してくれますので、自分の土地全体の耐震性を知ることが出来るのです。そのような中、最近では住宅の耐震性が注目されています。

建築をしてから何度何度も襲ってくる地震や台風など、いろいろな自然災害の影響により、徐々に当初の耐震性も衰えてきてしまうことになります。

関連記事

  1. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/08/05
  2. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/07/26
  3. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/07/21
  4. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/07/15
  5. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/07/03
  6. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/06/30
  7. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/06/27
  8. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/06/20
  9. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/05/30
  10. さらに情報収集!生活ナビゲーションブログ:2017/05/28